2009年09月20日

第18問

18.盲学校の早期教育について次の記述のうち、正しいものはどれか。

 1. 両親への育児支援、乳児への発達援助の観点から、全ての盲学校で6才からの教育相談活動が実施されている。
 2. 全国の盲学校の約5割の学校に幼稚部があり、早期教育のセンター的役割を果たしている。
 3. 幼稚部においては、小学部に入学した時スムーズに学習できるように点字を習得させる。
 4. 幼稚部においては、小学部入学時点でスムーズに単独登校できるように歩行訓練に力を入れている。


posted by 魔女 at 17:38| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 技能検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。